アントワーヌ・ブールデル/弓を引くヘラクレス

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - アントワーヌ・ブールデル/弓を引くヘラクレス
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

K3100007.JPGK3100003.JPG

アントワーヌ・ブールデル(Antoine Bourdelle/1861.10.30〜1929.10.1)ロダン、マイヨールと共に、フランスの近代を代表する彫刻家。
ブールデルの彫刻には力量感を感じる。それがどれ位の重さなのか、どれほどの力が加わっているのか、そしてどれほど疲れているのか。
ブールデルの表す力(重量)は、微妙なバランスから成り立っている。その微妙なバランスの成り立ちが、そのものの動きを表しているのだろうか。
ブールデルの彫刻を見る宿命として、周囲を徘徊し、近づいたり離れたり、彫像の双肩にかかる重量のオーラを確かめなければならない。
「この弓を引くヘラクレス」は、ブールデルのそうした作品の特徴を切り開いた作品であり、代表作。世界に8個ある彫像のうちの1つ。
ブールデルの作品を見る
◆ブールデル美術館(ブールデルの家であり作業場であったところ)サイト
http://www.pariserve.tm.fr/culture/musee/bourdelle.htm

芸術と人生に関する手記

芸術と人生に関する手記

  • 作者:アントワーヌ ブールデル
  • 出版社/メーカー:文化書房博文社
  • 発売日:1993/06
  • メディア:単行本
ブールデル展 (1968年)

ブールデル展 (1968年)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:国立西洋美術館
  • 発売日:1968
  • メディア:-

にほんブログ村 美術ブログへ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■