イタリア美術1945-1995 展

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - イタリア美術1945-1995 展
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

イタリア美術 1945-1995 見えるものと見えないもの

展覧会を見てまず思うことは、その表現手法の豊かさである。個々の作家が独自の表現を、独自の手法によって成り立たせている。artの世界ではごく当たり前のことなのだろうが、最近の作品に、手法としてのの新規性を感じないことが多かっただけに、逆に新鮮な感じがした。そんなことから、ひょっとすると、今回の展示会のような「現代美術」の形成期(?)に手法は出尽くしてしまっているのではないか、、、と考えたりもした、今という時代は、手法はさておき(つまり、過去の手法を引用するにしても)、表現内容(作家の思い)を重視している作品が多いのかもしれない。

ただ、「art」がもともと、「technology 」という意味を持っていたり(ギリシア時代に、現在の「art」に相当する言葉は「technology 」であったらしい)、ルネッサンス時代の「art」としての特徴が、当時の新しい表現手法である「遠近法」に因るところが大であったりすることからも、見る側としては、新しい作品には、新しい手法を期待したりもする。

フォンタナがキャンバスに穴を開けたり、切り裂いたりする行為は、非日常的存在であるべきはずのキャンバスが、マンネリ化し、日常的存在になりかけていることに対して、再び非日常性を持ち込む行為として、とても象徴的である様に感じられる。一方ブッリは、日常的存在になりかけていたキャンバスに、本質的に日常的存在である布や鉄板を持ち込み逆に非日常性を成り立たせてしまった気がする。

また、アンセルモのように置かれた石に上り、差し伸べられた手と対峙しなければならなかったり、自らの体の一部にスライドの文字を写し出さなければならなかったり等、見る側の参加を要求とする作品群や、バニョーリのように影と実像を見比べなければならない等、見る側の受け止め方にゆだねられる作品もある(もともとartとはこういうものなのでしょうが、、、、)。

そういう意味で、artがインタラクティブ(相互に作用する)な存在なのだということを再認識させられる展覧会でした。

イタリア美術1945-1995   出品リスト

 

 

 

愛知県美術館 1997年11月14日~1998年1月15日

 

 

 

アルベルト・プッリ  タール1949
白い彎曲1953
袋と緑1956
木SP1958
鉄SP31958-1959
エットーレ・コッラオルフェウス1956
ピグマリオン1962
ファウスト・メロッティ均衡1959-1960
亡き子供のためのパヴァーヌ1960
アフリカ1966
変化するカノン�1967-1973
6月1974
シェークスピアによる1977
ピエロ・マンゾーニアクローム1959
1959
アクローム1961
小包1961
小包1961
アーティストの排泄物1961
アクローム1962
ルーチョ・フォンタナ空間概念1960
空間概念 緑色の刻目1962
空間概念 神の終焉1964
空間概念 期待1965
ヤニス・クネリス無題1960
無題1967
無題1969
無題1988
フランチェスコ・ロ・サヴィオ空間・光1960
外側に彎曲した表面を持つ、黒く、不透明な一枚の金属1961
網状フィルター1962
太陽の家1962
ミケランジェロ・ピスレット横顔1962
ランプ1966
ぼろぎれのヴィーナス1967
ピヴェッタ1973-1974
ジューリオ・パオリーニ1/25秒1965
模倣1976
ネッソス1977
「絵画論」のための習作1977-1978
アリギエロ・ボエッティ円柱1966
カモフラージュ1966
千から千へ1975
地図1984
地図1989
エンリコ・カステッラーニ銀色のトリブティック1966
白い表面1970
ビーノ・パスカーリ彫刻の斬首1966
1966
機関銃1966
ジルベルト・ゾリオ円柱1967
自画像1972
1991
ジョヴァンニ・アンセルモねじれ1968
無題1969
部分1975
パノラマとパノラマを指し示す手1982-1984
ピエル・パオロ・カルツォラーニ私の人生の将来計画としての占星術1968
無題1969-1970
ルチアーノ・ファブロ1968
黄金のイタリア1971
衣服かけ1977
飛翔1988
ジュゼッペ・ペノーネ5メートルの木1970
ドレスのある森の緑1984
クリスタルの泉�1996
マリオ・メルツ加速+夢+まぼろし1972
マクキガイ科の貝紫の色で染める1980
アフリカの画家1984
タービン1988
ミンモ・パラディーノ幻惑される1978
コラール1995
無題1997
エットーレ・スパレッティアンフォラ、水盤、壺1982
赤い大地1997
レーモ・サルヴァドーリ起源1982-1983
垂直1991
三段階1985
エンツォ・クッキ古木のある小路1983-1984
ジーノ・デ・ドミニチスウルヴァージとギルガメッシュ1987
1994
ジャンニ・デッシチャンピオン1988
無題1997
ドメニコ・ビアンキ無題1991
無題1996
マルコ・バニョーリ空間と時間
天空の門1987
射手の姿のように
無題