タイムスケープ もう一つの時間 展

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - タイムスケープ もう一つの時間 展
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

タイムスケープ もう一つの時間/愛知県美術館

竹村京.jpg

現在、愛知県美術館では、所蔵作品による「タイムスケープ もう一つの時間」が開催されている(10月5日まで)。





(画像は、愛知県美術館のサイトからリンクで引っ張ってきています。)

このような絵画が、”一つのテーマ”で一同に展示される展覧会は、そう滅多に見られるものではないと思う。

「時間」という切り口で、収蔵作品を切り刻んだ時、なるほどこういう展示も可能なのかと...勿論、個人的なレベルでの鑑賞時には、縄文式土器岡本太郎も同一視野にあるし、現代絵画と志野茶碗も同様だろう。しかし、展示会においては、また話は別だ。

「時間」という切口に、さらに論理的な理由とともに細分化を図り、限られた素材を使って順序良く並べていく...これはもう、その行為自体がアートである(デザインか?)。企画した学芸員のサインが記されていてもいいのでなかろうか。

◆愛知県美術館のサイト
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/

◆現在開催中の展覧会のサイト
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/index.html
http://www-art.aac.pref.aichi.jp/exhibition/review.html