子供とゴッホ展

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 子供とゴッホ展
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

昨日、長男(推定10歳)と次男(推定6歳)を連れて、名古屋市美術館へ「没後120年 ゴッホ展」を見て参りました。
ゴロゴロとテレビを見ている長男と、お家で「テレビ君」の付録を創りたい次男を外に連れ出すのは、なかなか至難の業で、「街は人が多くて嫌だ」「ゴッホなんてどうでもいい」「て・れ・び・く・ん!」という中、ついに「見なきゃだめだ!」という強権発動をいたしまして、一行は出発することになりました。。。彼らも、「お昼はマック(マクドナルド)」という条件は勝ち取っています。
会場は込み合っていましたが、代表作を間近に見ることはできました。もっとも、次男(推定6歳)にとっては作品展示位置が高く、そのため間近で見るためには私の背中を利用するしかなく、そのうち眠ってしまう。。。というアクシデントはありました。
2人が気に入ったのはこの絵でした。
Gogh.jpg
特に、長男(推定10歳)は、遠くから見た瞬間に「これ好き」と言っていましたので、お父さんとしては、まあ、連れてきたかいはあったかな…と思ったしだいです。
■「没後120年 ゴッホ展」のサイト
http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2010/gogh/
(写真もこのサイトから http://www.art-museum.city.nagoya.jp/tenrankai/2010/gogh/sakuhin.html)
Gogh01.jpg絵画に命を捧げてしまった作家さんの、一本一本の筆の跡には、やはり説得力があります。また、見る側も、特徴ある構図や筆致に意味を求めていきます…作品はそれに応えてくれます。
ゴッホは、「名もなき作家として一生を終えました」…というナレーションが会場内のDVDにありましたが、「名もなき作家」だからこそ達し得た…とも受け止めることができます。
「名もなき作家」であるゴッホは、どの程度、自分の作品を見る人のことを考えてのだろうか? あるいは…誰に見てほしいと思っていたのだろうか? これは、ゴッホを見て、大事な視点だと思いました。
彼の達した境地を作り上げてきたものが、彼を追い込んでいった…。そこには別の何かが入り込む余地は無かったのだろうな…と感じました。

Vincent Van Gogh 2012 Calendar

Vincent Van Gogh 2012 Calendar

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:Te Neues Pub Group (Cal)
  • 発売日:2011/08
  • メディア:カレンダー
Vincent Van Gogh (Best of)

Vincent Van Gogh (Best of)

  • 作者:Victoria Charles
  • 出版社/メーカー:Parkstone Pr
  • 発売日:2011/06
  • メディア:ハードカバー
Vincent Van Gogh

Vincent Van Gogh

  • 作者:Steven Naifeh
  • 出版社/メーカー:Profile Books Ltd
  • 発売日:2011/11/10
  • メディア:ハードカバー
もっと知りたいゴッホ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいゴッホ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

  • 作者:圀府寺 司
  • 出版社/メーカー:東京美術
  • 発売日:2007/12
  • メディア:単行本
ゴッホの手紙 上 ベルナール宛 改版 (岩波文庫 青 553-1)

ゴッホの手紙 上 ベルナール宛 改版 (岩波文庫 青 553-1)

  • 作者:ヴァン・ゴッホ
  • 出版社/メーカー:岩波書店
  • 発売日:1978/09
  • メディア:文庫
炎の人ゴッホ [DVD]

炎の人ゴッホ [DVD]

  • 出版社/メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア:DVD
ゴッホ [DVD]

ゴッホ [DVD]

  • 出版社/メーカー:エプコット
  • メディア:DVD
夢 Akira Kurosawa's DREAMS [DVD]

夢 Akira Kurosawa’s DREAMS [DVD]

  • 出版社/メーカー:ワーナー・ホーム・ビデオ
  • メディア:DVD