不協和音–日本のアーティスト6人

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 不協和音–日本のアーティスト6人
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

不協和音–日本のアーティスト6人/豊田市美術館

そんなわけで...(http://room7.blog.so-net.ne.jp/2008-12-13)、オノ・ヨーコ草間彌生たちを見てきた。

結論から言えば...やっぱり元気になる。

6artist.jpg

「不協和音–日本のアーティスト6人」と題された展覧会には、文字通り6人の日本を代表するアーティストの作品を見ることができる。

6人とは、オノ・ヨーコ草間彌生久保田成子斉藤陽子塩見允枝子田中敦子

作品のスタイルや傾向はバラバラで、それこそ「不協和音」...なのだろうが...6人の共通点は女性であることと、1930年代頃に生まれ、1950年代には活動をはじめていた...ということだろうか。しかも日本を飛び出して。

それは、そうとうなことだ。そうとうな元気がなければ。

小学生か中学生ぐらいで敗戦を向かえ、閉塞した時代から一転して開放へと向かう...価値観が180度入れ替わってしまう、その一点を十代で迎えるというのは、どういうことなのだろうか...と考えるに至った。

日本の伝統を継承するではなく、日本を意識することはなく、ポジションという枠にとらわれることはなく、これが「日本的」、これが「芸術(アート)」、「これでいい」...と割り切ることもなく、その世界で対等に渡り合い、勝負していくあたりは清々しい。

それは、この世代が見せる離れ業か?

久保田成子の「階段を下りる裸体」に階段で出会い、斉藤陽子のお店と立方体の宇宙を楽しみ、チェスに驚く。恐れ多くもオノ・ヨーコの胸に触って、椅子の後ろの若々しい草間彌生をながめ、七色に輝く田中敦子の絵画の「田中」のサインを心に留める。そして、塩見允枝子の瓶詰めの音楽の輝きに見入る。

みんな良かった。晴れ晴れとした気分にしてもらえた。

◆豊田市美術館「不協和音–日本のアーティスト6人」のサイト
http://www.museum.toyota.aichi.jp/exhibition/2008/special/000358.html


ただの私(あたし) (講談社文庫)

ただの私(あたし) (講談社文庫)

  • 作者:オノ ヨーコ
  • 出版社/メーカー:講談社
  • 発売日:1990/09
  • メディア:文庫
ヨーコ・オノ 人と作品

ヨーコ・オノ 人と作品

  • 作者:飯村 隆彦
  • 出版社/メーカー:水声社
  • 発売日:2001/01
  • メディア:単行本
オノヨーコという生き方WOMAN

オノヨーコという生き方WOMAN

  • 作者:アラン クレイソン
  • 出版社/メーカー:ブルースインターアクションズ
  • 発売日:2006/10
  • メディア:単行本
無限の網―草間弥生自伝

無限の網―草間弥生自伝

  • 作者:草間 弥生
  • 出版社/メーカー:作品社
  • 発売日:2002/03
  • メディア:単行本
I LIKE MYSELF―わたし大好き

I LIKE MYSELF―わたし大好き

  • 作者:草間 彌生
  • 出版社/メーカー:INFASパブリケーションズ
  • 発売日:2007/12
  • メディア:大型本
草間弥生永遠の現在

草間弥生永遠の現在

  • 作者:草間 弥生
  • 出版社/メーカー:美術出版社
  • 発売日:2005/01
  • メディア:ハードカバー
フルクサスとは何か?―日常とアートを結びつけた人々 (Art edge)

フルクサスとは何か?―日常とアートを結びつけた人々 (Art edge)

  • 作者:塩見 允枝子
  • 出版社/メーカー:フィルムアート社
  • 発売日:2005/10
  • メディア:単行本
もし我々が五角形の記憶装置であったなら (1979年) (JFC〈7907〉)

もし我々が五角形の記憶装置であったなら (1979年) (JFC〈7907〉)

  • 作者:塩見 允枝子
  • 出版社/メーカー:日本作曲家協議会
  • 発売日:1979
  • メディア:-