マン・レイ…見えないものを見せるということ

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - マン・レイ…見えないものを見せるということ
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]




これは?


秘境の地の地上絵のようでもあり、どこかの星の地表写真のようでもあり...

この写真を撮ったのは...マン・レイMan Ray)。


マン・レイは、1890年にアメリカ生まれている。ニューヨークで、マルセル・デュシャンと出会い、ニューヨーク・ダダを始める。その後もパリで「ダダイスト」として活躍する。日本の美術館でも近年、作品展が開かれているので、目にした人も多いかもしれない。


オブジェなどの制作を行っているが、写真の方が有名かな..。ピカソダリなど、当時パリに集ったアーティスト達のポートレイトや雑誌の写真も撮っていた。アーティスティックな作品としては、レイヨグラフやソラリゼーションの技法を使った作品が有名。技法名は知らなくても、こんな写真は一度は見たことがあるのでは...。









レイヨグラフとは、フォトグラムともいい、カメラを使わず、印画紙の上に直接物を置いて感光させる技法(子供の頃遊んだ青写真に似ている)で、こんな感じの作品が出来上がる。











ソラリゼーションとは、現像する時に光を当て、作為的に写真の白と黒が反転させる技法。いずれも、とても有名な作品。どこかで見たことがあるのでは...









コラージュ作品









これはダリのポートレイト。



このように、マン・レイは、写真による表現の可能性を劇的に広げました。この時から、失敗は失敗ではなく、写真は写真でなくなって、写真に対する概念が一気に変わっていきます。


アートにおける歴史的意義が高いだけでなく、一般的な評価も高く(つまり、人気があるということ)、1998年秋のクリスティーズで、1926年の陰と陽の2枚組みのシルバープリントが、$607、500で落札されています。












オブジェの作品



さて、冒頭の写真ですが、マルセル・デュシャンMarcel Duchamp)のガラスの作品の上に積もった埃の写真でした。結構有名な写真だから、分かってましたか?




Man Ray 2007 Calendar

Man Ray 2007 Calendar

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:Te Neues Pub Group (Cal)
  • 発売日:2006/06
  • メディア:カレンダー


マン・レイ 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕

マン・レイ 〔骰子の7の目 シュルレアリスムと画家叢書〕

  • 作者:サラーヌ・アレクサンドリアン
  • 出版社/メーカー:河出書房新社
  • 発売日:2006/07/31
  • メディア:大型本


Man Ray:Paris Photographs 1920-1934

Man Ray:Paris Photographs 1920-1934

  • 作者:Man Ray,Delano Greenidge
  • 出版社/メーカー:Delano Greenidge Editions
  • 発売日:2001/03/01
  • メディア:ペーパーバック


Man Ray (Perfect Squares)

Man Ray (Perfect Squares)

  • 作者:
  • 出版社/メーカー:Grange Books
  • 発売日:2005/07
  • メディア:ハードカバー


Photographs by Man Ray:One Hundred Five Works,1920-1934

Photographs by Man Ray:One Hundred Five Works,1920-1934

  • 作者:Man Ray
  • 出版社/メーカー:Dover Pubns
  • 発売日:1979/06
  • メディア:ペーパーバック


マン・レイ 写真と恋とカフェの日々

マン・レイ 写真と恋とカフェの日々

  • 作者:ハーバート・R. ロットマン
  • 出版社/メーカー:白水社
  • 発売日:2003/05
  • メディア:単行本


にほんブログ村 美術ブログへ


■ 目次 ■ メインサイト ■ ゲストブック ■