ティツィアーノは青か?赤か?/ウルビーノのヴィーナス

Facebook にシェア
[`tweetmeme` not found]
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ティツィアーノは青か?赤か?/ウルビーノのヴィーナス
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]


◆人名しりとり...てぃ
ティツィアーノTiziano Vecellio/1488・1490年頃〜1576年)ルネサンス期のイタリアの画家。長生き。
確かベネチアで見た時の印象の方が強いかな...ウフィツィでも見ているはずだが、他にも目が行っていて...。
ベネチアの方もガイドさんの説明を聞きながらだったので堪能するまでには至っていないかも...。
ティツィアーノは青だったように思うのだが...赤か?それとも全然違うのか?
ガイドさんの説明も忘れかけている。
ただ、その時思ったのは、絵画というのは科学だな...ということ。今のように絵の具を買ってきて絵を描くのではなく、絵の具を作ることからはじめなくてはならないということ。絵の具の多くは化学物質なのだから、そうした素養も勉強しなくてはならない。当然、師匠につくことになる。
自分で絵の具を作る分、作家の個性は色に発揮されやすい。人それぞれに青が違い、赤が違う。新しい色を生み出すことに情熱を注ぐものも出てくるし、新しい絵の具を開発しようとするものもいる。
レオナルド・ダ・ヴィンチなどは、行くところまで行ってしまった人なのではないか?
(おかげで修復の憂き目に...でも、絵画を壁面から自由にしようとした彼の執念か?)
artとは、科学のことだったのだから。
いずれにせよ、その時のガイドの解説を忘れてしまったのだからどうしようもない。あるいは、まったく別人だったか?
ティツィアーノは青、ティントレットは赤だと思ったのだけれど...。
ご存知の方はコメントを。
■こちらのサイトが素晴らしい
http://www.salvastyle.com/menu_renaissance/tiziano.html
ウルビーノのヴィーナス...一つの美の到達点(フィレンツェ ウフィツィ美術館/Galleria degli Uffizi,Florence)
果たして青か? 赤か?

vinus.jpg

ティツィアーノ

ティツィアーノ

  • 作者:フィリッポ ペドロッコ
  • 出版社/メーカー:東京書籍
  • 発売日:1995/05
  • メディア:大型本
世界美術全集〈8〉ティツィアーノ (1979年)

世界美術全集〈8〉ティツィアーノ (1979年)

  • 作者:座右宝刊行会
  • 出版社/メーカー:集英社
  • 発売日:1979/09
  • メディア:-
Tiziano Vecellio,Known As Titian:1488/1490-1576 (Masters of Italian Art Series)

Tiziano Vecellio,Known As Titian:1488/1490-1576 (Masters of Italian Art Series)

  • 作者:Marion Kaminski
  • 出版社/メーカー:Konemann
  • 発売日:1998/05
  • メディア:ハードカバー

ティツィアーノでググってみる


■ このblogの目次 ■ メインサイト ■ メインサイトのゲストブック ■