ビル・ヴィオラ…日常の中の非日常

先日、第23回高松宮殿下記念世界文化賞を受賞したビデオ・アーティスト、ビル・ヴィオラ。

日本でもなじみの深い彼の作品を見ていると、日常見過ごしがちなささいな事柄に気づかされ、新しい楽しみを教えてくれているようだ。

ビル・ヴィオラ(Bill Viola、1951年1月25日 -)は、ナム・ジュン・パイクとともにビデオ・アートを代表するアーティストである。日本と縁が深く、代表作のひとつ『はつゆめ(”Hatsu-Yume”)』(1981年)は日本各地を撮影した素材をもとに作られた。

1951年にニューヨーク生まれる。 1970年に制作を開始。 1972年に最初の作品『野生の馬』を完成。このころ、パイクのアシスタントも経験している。 1976年に初来日。 1980年に再び来日し18ヶ月滞在。各地をビデオ撮影をした。ソニーのアーティスト・イン・レジデンスに選ばれ、その支援のもとに『はつゆめ(”Hatsu-Yume”)』を制作発表。 1992年より、「生と死」のテーマに取り組む。 1995年、第46回ヴェネツィア・ビエンナーレのアメリカ代表となる。 1997年、ニューヨークのホイットニー美術館が大規模な回顧展を企画、世界巡回。 2003年、個展『パッション/受難』がロサンゼルスのJ・ポール・ゲティ美術館をスタートに世界巡回。 2005年、パリの新オペラ座で『トリスタンとイゾルデ』のための作品を発表。 2006年〜2007年、東京都の森美術館と兵庫県立美術館で展覧会を開催。 現在カリフォルニア州在住。

(引用:http://ja.wikipedia.org/wiki/ビル・ヴィオラ)

1970年代の作品。。。脳力アップ。

1970年代、まず、今とは映像設備が違う。でも、求めるイメージに対する思いは強い。

メーキング。ビル・ヴィオラのアプローチが見える。

YouTubeのおかげで、映像作品を見ることが簡単にできる…制作する側にも変化を与えているのだろうか?

BILL VIOLA Hatsu‐Yume First Dream

作者:森美術館 出版社/メーカー:淡交社 発売日:2006/10 メディア:ハードカバー

Bill Viola-Iva Esente [DVD]

[…]